記事一覧

【骨格別】別タイプの洋服だって着たい!!もやもやコーデをOKコーデにチェンジ♡

似合いやすい服、似合いにくい服を教えてくれる骨格診断。モンクレール ダウン ピーでも、診断で似合わないといわれても着たい服ってありますよね。ポイントを押さえれば、着たい服をコーデに取り入れることが叶うんです!あなたらしくファッションを楽しむヒントにしてくださいね♡【骨格ナチュラルさん】《フェミニンな服が着たい》◆もやもやコーデ◆キレイめなパフスリーブに♡キュートなプリーツスカート♡・深めVネックは貧相なイメージに・フェミニンなアイテムの組み合わせはゴツさを強調…◆OKコーデ◆・サロペットの肩紐の縦ラインで、いかり肩をカバー・ハイテクスニーカーで足を華奢見せ!・フーディーはカジュアルに・胸元の寂しさをカバーする神アイテム・骨感を感じさせないゆったりシルエット【骨格ストレートさん】《ボリュームのある服が着たい》◆もやもやコーデ◆フリルカラーのパフスリーブに♡レザーのフレアスカート♡・首元と袖で上半身の厚みが強調される…・お腹と腰回りのボリュームが強調…◆OKコーデ◆・スクエアネックで首の短さが気にならない!・ジャストウエストでお腹スッキリ・センタープレスのデザインが Iラインを強調し、スッキリ見せ!・ボタンを一つ開け、ネックレスで詰まった首元の印象を回避!【骨格ウエーブさん】《シンプルな服が着たい》◆もやもやコーデ◆とろんとしたワンピース♡・首から脇にかけての切り替えがなで肩を強調・顔も大きく見せる可能性あり…・ショートブーツはウェーブさんに多いO脚を目立たせてしまう…◆OKコーデ◆・肩に視線を上げることで重心を上げて見せる・ベルトマークでメリハリのついたシルエットに!・胸元に視線を上げることで重心アップ見せ!・腰より少し高めにカーデを巻いてハイウエストに見せる!【監修】吉田葵 @aoiponyaパーソナルカラー診断/骨格診断などを行うイメージコンサルタント。顔面研究家としてコスメアドバイスも行っています♪【AAKE】SIVEN CROP BIKER JP
【関連記事】:エアフォース ティファニー 偽物

エアジョーダンのおすすめ3選。ストリートファッションの王道スニーカー

第1作目が発売されてから30年以上が経つ現在でも世界中のスニーカーファンを魅了してやまない「エアジョーダン」。ナイキナイキ靴靴黒特にストリートファッションにおける人気は絶大で、アルファフライ 偽物おしゃれなファッションアイテムとして広く認知されています。今回は、エアジョーダンのおすすめアイテムをピックアップ。今なお人気が衰えることのない歴代モデルから、注目の派生モデルまで一挙にご紹介するのでぜひチェックしてみてください。
【関連記事】:Nike Air VaporMax 2.0 が “Moc” 仕様にアップデートされた新作ビジュアルが登場


ナイキ靴

2023年以上の水準に到達、スピードマスター3573.50

プロフェッショナルといえば、「ムーンウォッチ」が有名ですが、そのムーンウォッチにもいくつかのバリエーションがあります。スーパーコピー時計 本来、ムーンウォッチは「宇宙空間での使用」ということから、プラスチック風貌が基本なのですが、それを実現させるためには「裏スケ」という要素は捨てなければなりません。けれども、「裏スケ」は人気要素ですから、ユーザーからの需要もそれなりにあることでしょう。そこで、はそのような期待に答えるかのように、ムーンウォッチの裏スケバージョンを出したのです。その際出したのは、なのですが、ムーンウォッチそのままに裏スケ化したといったモデル。当然、裏蓋をスケルトンにするわけですから、そこにはガラス的なものが必要になるわけですが、強度の問題からプラスティックを採用するわけにはいきません。ですから、は表はプラスティック風貌、裏蓋にはサファイアクリスタルという仕様となったのです。ただそれでは、なんだか矛盾しているかのようにも感じたのでしょう。そのためか、ムーンウォッチの裏スケ版にが登場したのです。このモデルこそ、表も裏もサファイアクリスタルというモデル。サファイアクリスタルは宇宙空間には不向きですから、思い切った仕様といえます。では、そんなは中古市場ではどのような評価となっているかというと、ここ数年の様子は値上がり傾向。ムーンウォッチと比べると、5万円程度高いといった価格帯に位置するといえます。実際、2023年4月の水準は34万円だったのですが、その際は28万円前後といったところ。ですから、6万円ほどの価格差があったわけです。しかし、2023年の今、そういった差は広がりつつあるといえます。なぜなら、現在の中古水準が30万円台後半となっているからです。また、との価格差も8万円程度になっているのです。
【関連記事】:New Balance と中国のスポーツメーカーとの商標をめぐる長年の争いに決着